県と災害時医療支援で協定

県と公益社団法人佐賀県柔道整復師会との間で、災害時に於ける柔道整復師支援活動に係る協定書を古川康県知事と当会富永敬二会長との間で取り交わすことになり、 平成26年12月26日(金)県庁健康福祉本部長室に於いて船津定見健康福祉本部長 との間で取り行われた。

協定に至るまでには、会が永年、県の防災訓練や柔道大会を初めとする各種スポーツ 大会の救護活動に貢献して来た事もあるが、会長・ボランティア委員が県側の事情に 配慮しながら粘り強く柔道整復師支援活動にかかる交渉を続けて来た結果である。
自治体と柔道整復師会の災害協定は、福岡・鹿児島・宮崎に次いで九州では、4例目 となった。

県と医療支援で協定
県と医療支援で協定

広報員 小嶋利博

馬場豊先生 厚生労働大臣(公衆衛生事業功労者)表彰受賞披露&忘年会

今年の忘年会は馬場豊先生が、3月20日 東京大手町サンケイプラザホールで開催された平成25年度公衆衛生事業功労者表彰式に於いて厚生労働大臣表彰を受賞され、また公益社団法人佐賀県柔道整復師会も先の東日本大震災被災者支援活動に対して厚生労働大臣より感謝状の贈呈を受けましたので、嬉野温泉大正屋において披露を兼ねた忘年会が盛大に執り行なわれました。

地元会員の協力で楽しい余興や恒例のチャリティー抽選会などで大変盛り上がり、楽しいひと時を過ごすことができました。
チャリティーで集まった募金(¥32.330)は歳末助け合い佐賀善意銀行へ預託されます。

【受賞披露】

受賞披露 馬場会員へ表彰状
受賞披露 馬場会員・富永会長
受賞披露 馬場会員へ表彰状
受賞披露 馬場会員・富永会長
受賞披露 (左より隈本会員、馬場会員、楠本副会長、富永会長)

受賞披露 (左より隈本会員、馬場会員、楠本副会長、富永会長)

【忘年会風景】

当会役員と会員
炭坑節で舞踊る会員
当会役員と会員
炭坑節で舞踊る会員
一人で熱唱
みんなで熱唱
一人で熱唱
みんなで熱唱

第43回九州学術大会 佐賀大会 2014.07/20.21

公益社団法人日本柔道整復師会 第43回九州学術大会 佐賀大会が唐津市唐津シーサイドホテルで開催され、主管県から会長始め、選手、会員108名参加。 九州各県柔道整復師会から、総勢395名が参加し古川康知事始め大勢の方々から祝辞をいただき盛況に終わった。

20日(日)21日(月・祝)の両日、学術大会が開催され当会からは、大庭輝人会員が 「伸縮性・非伸縮性テーピング固定による治癒経過の比較分析」 平野弘道会員が「橈骨遠位端骨折二症例の比較分析」と題し論文発表を行った。

特別講演では、佐賀大学医学部整形外科教授 馬渡正明先生の「股関節の機能解剖及び 股関節疾患に対する手術の現状」と言う演題で講演があった。

公益社団法人 日本柔道整復師会 第43回 九州学術大会 佐賀大会

論文発表者
学術大会開会式
論文発表者
学術大会開会式
会長挨拶
古川知事挨拶(開会式にて)
会長挨拶
古川知事挨拶(開会式にて)
論文発表(大庭輝人会員)
平野弘道会員(中央)
論文発表(大庭輝人会員)
平野弘道会員(中央)
特別講演 馬渡正明教授
特別講演 馬渡正明教授

 

第37回日本柔道整復師会 九州ブロック会柔道大会2014.07.20

第37回日本柔道整復師会 九州ブロック会柔道大会が、唐津市文化体育館で開催された。
当会は、団体3位、個人は40代の部で、平山隆裕選手が準優勝、30代の部で、池内崇選手が3位という成績を残した。

宣誓(兵動順彦選手)
参加選手
宣誓(兵動順彦選手)
参加選手
監督会議
団体3位
監督会議
団体3位
40代個人 準優勝(平山隆裕選手)
30代個人3位(池内崇選手)
40代個人 準優勝(平山隆裕選手)
30代個人3位(池内崇選手)

『平成26年度佐賀県総合防災訓練』2014.5.18

当会救護ボランティア委員会「接骨・整骨ボランティア佐賀」は今回で9回目の参加となりました。
県からの依頼に答えるべく会員諸氏の善意で年々活発となり、特に今回は活動内容の見直しと今後の活動においても新たな課題を得られた訓練活動となりました。

今回は唐津市、伊万里市、有田町の2市1町で開催され、我々は伊万里市、有田町の2会場で伊万里市会場10名、有田町会場10名の総勢20名の会員が訓練活動に参加しました。 訓練内容は、地域により災害の想定(地震・大雨・洪水・土砂など)の違いはありましたが、まず生活機能低下予防のための運動を参加機関(団体)および地域住民の方々全員で実施し、その後、災害発生後の避難所生活(2〜10日)で初動時に手当てを受けられなかった被災者の外傷(骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷)を想定した応急手当て訓練を地域住民の方々に模擬負傷者(15名)となってもらい、地域保健師の協力と伴に実施しました。

また、三角巾の使用法や緊急時の身近なものでできる応急手当の方法などの講習も行いました。
また、このような訓練活動を通して県民の皆さんの整骨院・接骨院(柔道整復業)は「安心」であるという認識が以前より高まってきていることを踏まえ、今回は準備段階から訓練内容の向上を考えていました。

その中で我々の上部団体、公益社団法人 日本柔道整復師会が新たに立ち上げを準備している組織に災害派遣柔道整復チーム(DJAT:Disaster Judo therapy Assistance Team)DJAT構想があります。これは災害時に組織だって活動できる柔道整復師の救護チームを目指しており、その原型が今回の活動内にも観られました。

例えば、「災害対策本部機能強化」や「負傷者の搬送訓練」であったり、現場で調達した材料を応急手当に用いたりと参加した会員から多くの提案があり実施したことにより充実した活動となりました。

活動内容のパネル展示(有田)
訓練の実施説明(有田)
活動内容のパネル展示(有田)
訓練の実施説明(有田)
訓練の様子(有田)
質疑応答(有田)
訓練の様子(有田)
質疑応答(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
訓練の様子(有田)
牟田佐賀県副知事とともに(伊万里)
訓練の様子(伊万里)
牟田佐賀県副知事とともに(伊万里)
訓練の様子(伊万里)
訓練の様子(伊万里)
簡易担架にて搬送(伊万里)
訓練の様子(伊万里)
簡易担架にて搬送(伊万里)
会員がモデルとなり三角巾講習(伊万里)
会員がモデルとなり三角巾講習(伊万里)
会員がモデルとなり三角巾講習(伊万里)
会員がモデルとなり三角巾講習(伊万里)
松葉づえ歩行訓練(伊万里)
塚部伊万里市長とともに(伊万里)
松葉づえ歩行訓練(伊万里)
塚部伊万里市長とともに(伊万里)

 

『第29回 中学生柔道錬成大会』2014.5.11

本会主催:中学生柔道錬成大会

毎年5月に開催しております本会主催による県下中学生柔道錬成大会が佐賀県総合体育館柔道場で催されました。
この大会は青少年の健全育成に寄与し、合わせて柔道の発展を目的に行われるもので、時節柄新学年で初めての大会であり、今後活躍する選手を予測する大会となり出場選手諸君の意気込みが強く伝わる大会でもあります。

開会式では、古川啓人君(昭栄中)が選手宣誓を行い、過去、中学2年の時、本大会で初優勝しその後も九州選手権大会、全日本柔道選手権大会にて活躍の楢崎 誠 選手(40, 佐賀県警)に、激励の言葉をかけて頂きました。

佐賀県総合体育館柔道場
復興支援義損金箱
会場 佐賀県総合体育館柔道場
復興支援義損金箱
柔道
宣誓 昭栄中 古川君
開会式前の風景
宣誓 昭栄中 古川君
整骨・接骨ボランティア佐賀(救護委員)
大会実行委員長
整骨・接骨ボランティア佐賀(救護委員)
大会実行委員長

大会の結果については、こちらをご覧ください (PDFファイル)

新規開業者保険研修会のご案内

非社団の柔道整復師の方々も含め新規開業者の為の保険研修会を下記の要項で開催致します。
又、当会の内部審査(証明書発行)を受ける事が出来ますので合わせてご案内致します。
受講を希望される方は当会事務局までお知らせください。(研修会受講の費用はかかりません)

場 所:佐賀県柔整会館

開催日時:平成26年度分下記記載

内 容:保険証転記、算定料金記載、傷病名及び負傷日時・原因、長期頻回施術理由記載等、その他、保険請求に伴う事柄についての指導・相談

講 師:(社)佐賀県柔道整復師会保険部長 楠本利巳

開催日(開始時間は全て午後9:00)

4月11日(金)
5月14日(水)
6月12日(木)
7月11日(金)
8月12日(火)
9月12日(金)
10月14日(火)
11月12日(水)
12月12日(金)
1月14日(水)
2月13日(金)
3月12日(木)